So-net無料ブログ作成
検索選択

顔の赤み 原因は炎症が慢性化しているからかも? [顔の赤みの原因]




顔の赤み、人によって程度は異なりますが酷い人は痒みや痛みを伴うことも。。
見た目が悪いだけでなく精神的にも参ってしまいますよね・・


そんなあなたの顔の赤み、原因は炎症が慢性化していることかもしれません。


炎症が慢性化しているってどういう状態なのか?
結局、どうすれば治せるのか?
をお伝えしていきます。



炎症が慢性化しているってどういう状態?




そもそも肌には刺激を受けると血管が拡張するという機能が備わっています。
これは刺激によって壊れた細胞を修復するために血液を集めようとするから。
血管が拡張し大量の血液が流れてくることでその色が表面に浮き出て赤みとなるんです。


試しに肌を叩いてみて下さい。
叩いた部分が赤くなりますよね?
それはまさに刺激によって血管が拡張したから。


そしてその刺激となるものは無数に存在します。
肌に合わない化粧品アレルギー性のウイルスなどもそうです。


通常なら、化粧品の使用を止めたりウイルスを撃退したりして刺激を受けなくなると徐々に収縮していき赤みも引いていきます。でも・・
何をやっても一向に収縮せず赤みが消えてくれない場合もあります。


特に皮膚が薄い人や敏感肌の人は赤みが消えなくなる可能性が高いです。
このような肌の人はちょっとした刺激でもすぐに血管が広がり炎症状態に突入してしまうんです。


絶えず刺激に晒されて炎症を起こしっぱなしになるので血管が拡張状態で慢性化、つまり炎症状態が慢性化してしまいます。



どうすれば治せる?




じゃあどうすればいいのか?
血管が広がり炎症状態で慢性化してしまったんですからもう一度、血管を収縮させてあげればいいんです!


血管を収縮させて赤ら顔を治す化粧水というのがあるんですが、これがマジで効きます!
私の赤みはだいたい1ヶ月くらいで跡形もなく消えてなくなってしまいました。


赤ら顔専用の商品自体はいくつかありますが血管を収縮させるというアプローチをしているのは探した限りこれだけ。しかも、、


敏感肌の人の93%の人が肌荒れや刺激を感じなかった

皮膚科医が評価しているので余計に悪化するような心配もありません。


なので敏感肌の人や肌が薄い人でも安心して使えるんです。
余計に悪化する心配をせずに治療できるのはホントにありがたいです。



放置期間が長くなるほど治りにくくなる・・




”長年染み付いたクセは中々取れない”なんて言われているように血管が拡張し赤ら顔になっている期間が長くなるほど治りづらくなっていきます。


なのでできるだけ早く始めることをお勧めします。
早く始めればその分だけ早く治りますし難易度も低くなります。


どの道、このまま何もしないでいては一向に治りません。
今現在、他に策が無いのなら試してみて下さい。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。